コタキナバルで宿泊したゲストハウス|Homy Seafront Hostel

Homy Seafront Hostel

HIGEDARUMAです/

2019年6月にコタキナバルで宿泊したゲストハウスについて紹介します。

Homy Seafront Hostel

Homy Seafront Hostelというゲストハウスに宿泊しました。

Homy Seafront Hostel

コタキナバルのダウンタウンのシーフロントというエリアに位置し、南シナ海が見える海岸までは歩いて3分で行けます。KK Wet MarketやPasar Besar Kota Kinabaluなど市内の見所にも徒歩でアクセスできます。

現代風のオシャレなゲストハウスでとても清潔です。スタッフの方もとても暖かくて親切でした。

AGODAから予約して1泊1,100円ほどでした。

Homy Seafront Hostel|AGODA 

アクセス

Warison Squareという大きな複合ビルの中にあります。建物の外に看板などはなく、まずは建物のエントランスを見つけるところから始まります。

複合ビルの正面入り口

僕は空港から市内へ行くバスに乗り、Centre Point Sabahというショッピングモール前で下車、そこから歩きました。

X3HC+C4 コタキナバル, マレーシア サバ

↑Homy Seafront Hostelが入っている複合ビルの正面入口↑

正面の入り口から入ります。

正面の入り口を入ってすぐのところ

入り口を入るとすぐ左手に階段があるのでこの階段で4階まで上がります。エレベーターもあります。

ここの階段を4階まで登ります

4階まで上がるとHomy Seafront Hostelに到着です。外からはロックが掛かっていて開けられないので、ドア横にあるブザーを鳴らして内側から開けてもらいます。

Homy Seafront Hostelの入り口

チェックイン

AGODAで予約した場合、予約時にクレジットカードにて宿泊料金の全額が支払われているため、チェックイン時の支払いはありませんでした。パスポートの提示もなく、名前を伝えるだけでチェックインが完了しました。

予約の際「マレーシア政府が定める観光料¥261を別途宿泊施設へ直接支払い」との文言がありましたが、特に請求はされませんでした。

受付の若い女性の方はとても親切で愛嬌がある方でした。コタキナバルの観光スポットなどを教えてもらいました。

設備など

ベットは通常の二段ベット。上段を利用しました。シーツ等はとても清潔に保たれていました。バスタオルがついています。読書灯とコンセントの差し込みプラグ(変換なしで日本のコンセントが利用可)が2つありました。

ベットの様子

大きめのキャリーバックが入るセキュリティーボックスが部屋にあり、ひとりひとつ使用できます。

セキュリティーボックスもあります

共有スペースもあります。窓からは海側の景色を見ることができました。ウォーターサーバーもあります。

共有スペース

共有スペース

トイレとシャワーは2つずつありました。トイレとシャワーが一体になったユニットではなく、それぞれ分かれています。男女兼用かは分かりません。

室内は常にエアコンが効いていて快適でした。寝るときも蚊などに悩まされることはありませんでした。夜中に大声で話したりする人もおらず快適に寝られました。

朝食

朝食も宿泊料金に含まれています。

いわゆるゲストハウスに無料で付いている朝食で、パン・インスタントコーヒー・バナナなどが用意されていました。

まとめ

料金・立地・快適さを考えるとコスパはかなり良いと思います。

ゲストハウスの入り口は常に鍵が掛かっていて、部外者が中に入れないようになっています。部屋にはセキュリティーボックスもあるので、セキュリティーの面は問題ないかと思います。

ひとり旅で寝床にこだわりの無い方や、安全に寝れれば問題ないという方にはオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です