ハワイでハーレーダビッドソンをレンタルしてみた

HIGEDARUMAです/

2019年11月、ハワイのワイキキでハーレーダビッドソンをレンタルしてオアフ島を一周しました。

日本の運転免許で普通自動二輪以上の運転免許証があればハワイでハーレーダビッドソンをレンタルすることができます。

予約の方法やレンタルに必要なもの、レンタル当日の様子などについて紹介していきます。

チェイス・ハワイ・レンタル

チェイスハワイレンタルの外観

今回ハーレーダビッドソンをレンタルしたバイク屋さんです。

チェイス・ハワイ・レンタル(Chase Hawaii Rentals)はワイキキ市街地の中心部、クヒオ・アベニューとロイヤル・ハワイアン・アベニューの交差点の角にあります。

ワイキキエリアに宿泊されている方なら徒歩でアクセスすることができます。

日本人スタッフの方が常駐しているので、安心して手続きをすることができました。

チェイス・ハワイ・レンタル(Chase Hawaii Rentals)

住所:355 Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815

TEL:+1 808-942-4273

営業時間:8:00-18:00(日本時間:3:00-13:00)

HP:チェイス・ハワイ・レンタル(Chase Hawaii Rentals)

75JC+6V ホノルル, アメリカ合衆国 Hawaii

↑チェイス・ハワイ・レンタルの場所↑

レンタルに必要なもの

レンタルに必要なもの、あった方が良いもの、あって良かったものを紹介します。

レンタルに必要なもの(必須)

 

日本の運転免許証(普通自動二輪以上)

日本の有効な運転免許証で、普通自動二輪以上の免許が記載された免許証が必要になります。国際運転免許証やパスポートだけではレンタルができません。

 

本人名義のクレジットカード

保証金のデポジットとして手続きの際に必要になります。

あった方が良いもの

国際免許証

必須ではありませんが、事故などのトラブフが生じた時のためにあった方が良いと思います。僕は運転中は常に所持していました。

 

パスポート

こちらも必須ではありませんが、外国において身分を証明できる唯一の証明ですので、運転中は持っておいた方が良いと思います。

 

厚手のズボン

エンジン周りは走行中かなり高温になるため厚手のズボンがあればやけど防止になります。

 

目、顔を覆うもの

走行中に砂埃や小石、虫が飛んでくることがありました。顔を守るためにも目や顔を覆うゴーグルやサングラス、布などがあれば良いと思いました。無論フルフェイスのヘルメットがあるに越したことはありません。

あって良かったもの

SIMカード

ハワイで利用できるSIMカードを出発前にAmazonで購入しました。現地での移動経路をグーグルマップで確認するために通信が必要になったため、重宝しました。

 

 

スマホホルダー

バイクのグリップに固定するタイプのスマホホルダーを事前にAmazonで購入して持っていきました。こちらもSIMカード同様重宝しました。レンタルしたフォーティーエイト(ブラック)1200ccのハンドルにちょうどフィットしました。

 

 

ゴープロマウント/グリップ 

ゴープロをハンドルに固定するためのマウントとグリップも持っていきました。オアフ島の海岸線の綺麗な景色を一人称視点で撮影することができました。

 

 

レンタルの予約

ホームページからレンタルの予約をすることができました。

予約をすることで当日のレンタルが確定されるだけでなく、15%OFFの割引を受けることができます。

予約の方法はとても簡単でしたので、その様子を紹介します。

STEP.1
下記URLにアクセス、予約の必要事項を記入
下記のURLにアクセスして、予約に際して必要な情報を入力します。

チェイス・ハワイ・レンタルの予約|Chase Hawaii Rentals

予約画面

 

レンタル・予約に関する注意事項も記載されています。

レンタルに関する注意事項

STEP.2
予約確認のメールが届く
入力した予約内容の確認のメールが届きます。

メールに返信する形でハワイ到着日と宿泊先情報を連絡します。

希望したバイクのリクエストに沿うことができない場合はこのメールにてやりとりをします。

メールのやりとりは全て日本語で行われるので安心でした。

確認メール

STEP.3
店舗にてレンタル手続き、レンタル開始
レンタル日当日、店舗へ行きレンタルの手続きを完了させます。

MEMO
手続きはレンタル当日でなくても手続きをすることができました。時間に余裕がある場合はレンタル日までに店舗へ行き手続きを済ませておくと、当日のレンタルがスムーズに進みます。
 

レンタル当日の手続き

チェイスハワイレンタルの内装

バイクのレンタル日当日の流れをまとめました。

STEP.1の手続きからSTEP.3の支払までは、レンタル日以前でも行うことができます。僕はレンタル日の前日、閉店時間の18時までに店舗へ行き、利用手続きと支払いを済ませました。そうすることでレンタル日当日はバイクの操作説明を受けるだけなので待ち時間を短縮できました。

STEP.1
店舗にて予約名を伝える
店舗にて予約している旨をスタッフに伝えます。
STEP.2
日本の運転免許証・クレジットカードを提出して手続きを行う
日本の有効な運転免許証(普通自動二輪以上を有するもの)本人名義のクレジットカードをスタッフに渡して手続きを進めてもらいます。
STEP.3
レンタル料の支払・保証金のデポジット

<レンタル料金>

レンタル料金の支払いにはクレジットカードを使いました。現金が使えるのかどうかは不明です。

<保証金>

保証金のデポジットにはクレジットカードが必要になります。クレジットカードにバイク1台あたり$1,000の保証金がクレジットカードに仮請求されます。仮請求のためバイクに何もない限り、返却後数日で仮請求が解消されます。

注意
保証料のデポジットに際して、クレジットカードの利用可能枠を確認しておく必要があります。(特に複数人分をまとめて支払う場合)
STEP.4
同意書の確認・サイン
同意書を確認します。同意書は英語で書かれていますが、日本人のスタッフの方が、大切な部分を日本語で説明してくれます。問題がなければサインをします。

同意書

 

<保険について>

同意書にある保険の内容について説明を受けました。保険(対人・対物・車両・盗難)はレンタル料金とは別で1日$3で加入ができます。保険が適用されるのは事故や盗難などによって$3,500以上の損害金が発生した場合、$3,500を超える部分について保険金が支払われます。つまり$3,500までの損害金についてはバイクのレンタル者が負担をする必要があります。

STEP.5
バイクの操作説明を受ける
実際にレンタルするバイクの操作説明・注意事項を受けます。

説明された主な操作説明・注意事項

・ガソリンは80マイルを目処に給油

遠出をする場合はガス欠にならないよう80マイル(約128キロ)を目処に給油するように説明を受けました。

・駐車時はキーシリンダーをOFFまで回してから抜く

ガソリン車と同様にキーシリンダーにはOFF ACC ONの3段階があります。ACCでも鍵を引き抜くことができますが、そうなるとバッテリーが上がりエンジンがかからなくなるので、駐車時には必ずキーシリンダーをOFFに戻してから鍵を抜くよう説明がありました。

STEP.6
出発
操作説明が終わり、質問等がなければいよいよ出発です。

レンタルしたバイク

レンタルしたフォーティーエイト

フォーティーエイトという1200ccのバイクをレンタルしました。

AM8:00-PM6:00の1日プランをネットから予約して$109.65(保険料、税金等は別途)でした。他にも4時間プラン、24時間プランがあります。

5段式変速、クラッチは左ハンドルにあります。

ミラーはハンドルの下側についています。

ハンドルまわり

メーターの表示はマイル表示です。マイルからキロに変換する場合はマイルに×1.6をするとおおよそのキロになります。10マイルが16キロ、20マイルが32キロといった感じです。

ニュートラルに入れた場合はメーター下の表示板にNのランプが光ります。ウィンカーを出している時も左右の矢印が表示板に点滅します。このバイクは左ウィンカーの表示板の点滅が故障していました。(ウィンカー自体は正常に点滅しました)

ガソリンの残量が一定以下になると黄色のガソリンランプがメーターに点灯します。

メーターはマイル表記

ガソリンの入れ方

ガソリンの入れ方は手続き時に教えてもらいました。実際に給油した流れを紹介します。

ハーレーダビッドソンには「92 Power Premium(日本で言うところのハイオク)」を給油します。

ガソリンの入れ方が記載されたマニュアル

ガソリンの入れ方が詳しく説明されたマニュアルです。

STEP.1
空いている給油スペースにバイクを停車
空いている給油スペースにバイクを停車させます。停車させた場所の番号を覚えておきます。
STEP.2
店内のレジカウンターで給油する旨を申告・支払

ガソスタに隣接しているコンビニ。ここのレジでガソリン代を先に支払います。

 

ガソリンスタンドについているコンビニのような店舗のレジで〇番(自分がバイクを停めた番号)の給油をする旨を伝えて、給油する分の支払をします。「ナンバー◯ ガソリン プリーズ(◯番の給油をお願いします)」と言えば伝わります。

バイクにも寄りますが、念のために20ドル分支払いをしておくと良いと思います。僕のレンタルしたフォーティーエイト1200ccでは10ドルの支払いでお釣りが返ってきました。

料金は2019年11月時点では1リットル≒$1でした。

STEP.3
給油するガソリンの種類を選択
支払後、給油場所に戻り、給油するガソリン「92 power premium」のノズルを先に上げてからボタンを押します。

給油場所の様子

真ん中の操作画面は一切使いませんでした。

STEP.4
給油
給油します。給油が終われば、ノズルを元の場所に戻します。
STEP.5
店内のレジカウンターでお釣りをもらう
給油完了後、店内のレジカウンターにお釣りをもらいに行きます。「ナンバー◯ チェンジ プリース(◯番のお釣りをください)」と言えば伝わります。お釣りと一緒にレシートがもらえます。

ガソリンの種類

・グリーン 日本で言うところの「軽油」

・87 Unleaded 日本で言うところの「レギュラー」

・89 Power Plus レギュラーとハイオクを混合させたようなもの

・92 Power Premium 日本で言うところの「ハイオク」

オアフ島一周のルート

スタッフの方に教えていただいたオアフ島一周のルートを紹介します。

オアフ島一周のルート

ルートは反時計周りです。ワイキキを出発、海岸線を走りながら、カイルアへ。カイルアの美しいビーチを堪能した後、カフクで美味しいガーリックシュリンプを食べて、ハレイワへ。ハレイワからは高速道路(無料)を経由してワイキキへ戻ります。

このルートでオアフ島を一周して108マイル(約173キロ)でした。島一周自体は4時間半ほどで出来るのであとはこれに観光などの肉付けをしていくだけです。

オアフ島を一周する場合、ガソリンはノースショアあたり(メーターが約80マイルくらい)で給油するのが良いというアドバイスをもらいました。僕もノースショアのププケアという場所で給油しました。

スタッフの方からオアフ島一周のルートについて教えていただきました。

無料のマップをいただきました。

交通ルール・道路標識など

交通ルールに関しては日本とほとんど同じだと思いました。

日本とは逆の右側走行のためその点注意が必要です。

また交差点では赤信号であっても、右折に関しては歩行者と左側から直進してくる車がいなければ、注意して右折することができます。ただし、赤信号での右折禁止「NO TURN ON RED」の標識がある交差点では日本と同様に青信号になるまで停止しておく必要があります。

まとめ

ハワイでは日本の普通自動二輪以上の免許証があれば、ハーレーダビッドソンをレンタルすることができます。

今回ハーレーダビッドソンをレンタルしたチェイス・ハワイ・レンタルはハーレーダビッドソン公認のレンタルバイク屋さんで日本を含む各国の有名人の方も多数訪れています。

日本人スタッフの方が常駐していて日本語での手続きや説明が受けられるので安心でした。またメールや店頭での対応もとても丁寧にしていただけました。

オアフ島の郊外には日本では見られないような素晴らしい景観が広がっており、そこをハーレーダビッドソンで走ることができたのはとても良い経験になりました。

ハワイで他の人とは違う経験をしてみたいという方は、チェイス・ハワイ・レンタルでのバイクレンタルを是非検討してみてください。

チェイス・ハワイ・レンタルのホームページ

 

ハワイ行き航空券の予約|スカイスキャナー

ハワイの宿泊施設の予約|Agoda

ハワイの宿泊施設の予約|Booking.com

ハワイの宿泊施設・航空券の予約|エクスペディア

 

ハワイのレンタルバイクで使った便利なグッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です