ハノイの喧騒とバッチャン村【2020年2月 東南アジア旅行①】

東南アジア旅の始まり。関西国際空港からベトジェットエアでハノイへ。飛行機は定刻より10分遅れの9:30に出発。

5時間半後、ハノイのノイバイ国際空港に到着。大気汚染で空気が淀んでいる。

空港でアライバルビザを取得。総額37ドル。日本にあるベトナム大使館で事前に郵送取得するよりも安い。

grabのバイクタクシーで市街地まで移動。片道約30キロ、所要時間約30分。決して快適ではないが町中をバイクで走行する臨場感が味わえるので、悪くない選択肢だ。料金は121,000ドン(≒550円)、タクシーと比べると値段は半分程度。

ハノイ市街地にあるSplendid Boutique Hotelに到着。

タブルルームを予約して1泊2,300円(朝食付き)。ベトナムのホテルは安くて質が高いと聞いたことがあるが、どうやら間違いないようだ。

ホテルの前の路上。路肩に大量のバイクが停車している様がいかにもベトナムらしい。

レンタルバイク屋「STYLE MOTORBIKES」でバイクをレンタル。パスポートのデポジットを条件に1日200,000ドン(≒900円)でレンタルが可能。

RSX Waveというホンダの海外生産モデルのバイクをレンタル。操作方法はカブとよく似ている。

近くのガソリンスタンドで給油。満タン返しではないため、借りた当初はタンクはほぼ空の状態だった。

ガソリンの種類は全部で2種類。RON92という日本のレギュラーに匹敵するガソリンを給油。外国人の利用が多いのか英語が通じた。

ハノイを出発。南東10キロの場所にあるバッチャン村を目指す。大気汚染や砂埃が極めて深刻なのが身に染みて分かった。

ロンビエン橋を走行。列車も走行可能な鉄道橋で、車両はバイクのみ走行できる。ベトナムは右側走行だが、ロンビエン橋のみ左側走行となっている。

バッチャン村に到着。

バッチャン村はベトナムで有数の陶器の生産地。村の人口は約5000人。その内90%近くが陶器の生産に携わる。

陶器作りの様子を見学させてもらった。

出来上がった陶器を販売する陶器店。村の中心に何店舗かある。

色とりどりの陶器が販売されている。日本の食卓に合う色合いのものも多い。

陶器の底に印字されたバッチャン(BAT TRANG)の刻印。

陶器が格納されている倉庫。ここからベトナム各地へ、さらには世界中へ出荷されていくのだろうか。

河原で戯れる子犬。子犬の可愛さは万国共通。

バッチャン村の路地。人気が無く閑散としている。ハノイの喧騒を忘れるにはちょうど良い場所だ。

ハノイへの帰路。街灯の明かりが乏しく視界が悪い。たまに無灯火で反対車線を走ってくるバイクがいる。

ハノイの中心地まで戻ってきた。日は沈んだものの交通量は依然として多い。

ホテルの近くの大衆食堂で夕食。fried rice noodles with chickenを注文(60000ドン≒270円)。フォー、鶏肉、八宝菜、ニンニクを炒めた麺料理。ボリューム満点、食べ終わる頃には少し胃もたれしていた。

地元の人に混ざって食べるご飯は最高にうまい。

飲み屋が集まるTa Hien通り。夜の良い雰囲気が出ている。

ホアンキエム湖周辺を散策。湖面に映える棲旭橋(テーフック橋)が幻想的だ。

横断歩道は歩行者優先では無いものの、勇気を出して一歩を踏み出せば自然とバイク側が避けてくれる。

地元の人で列を成すスイーツ屋を発見。並んで食べてみることに。

ヨーグルトにイチゴ、パインアップル、ドリアン、キウイ、白玉?などを加え、上から練乳とココナッツミルクをかけたパフェ。シンプルだが、味は見た目以上に美味しく行列ができる理由が分かった。

航空券の予約はスカイスキャナー

スカイスキャナーなら数ある航空券の値段を一度に比較することができます。

旅のスタイルや予算にあった航空券を見つけるための様々な検索機能が充実、

最安の航空券を簡単に見つけることができます。

個人旅行の手配などにオススメです。

カスタマーサポートが充実のTrip.com

チャットによるカスタマーサービスが充実しており、

万が一、予約した航空券が欠航・キャンセルになった場合でも安心して相談できます。

返金や振替などの対応も迅速・確実で、日本語対応のため安心です。

航空券の他に、中華圏をはじめとするアジア・ヨーロッパの列車の予約サービスもあります。

Trip.com

業界No.1のホテル予約サイトBooking.com

掲載ホテル数は500万軒以上。

業界シェアNo.1のホテル予約サイトです。

ホテル掲載数が圧倒的に多く、支払い方法が現地決済というところが特徴です。

アジア圏のホテル予約はAgoda

掲載ホテル数は200万軒以上。

Booking.comに次ぐ業界2位のシェアを誇るホテル予約サイトです。

主にアジア圏のホテル予約に強いと言われています。

Agoda

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です