フアランポーン駅にあるフードコートで食事をしてみた

注文したガパオライスです。

HIGEDARUMAです/

タイでの鉄道旅行の起点となるフアランポーン駅構内にはフードコートがあります。

味も美味しく、値段も安かったため、ここで紹介させていただきたいと思います。

列車の待ち時間などに利用してみてはいかがでしょうか。


フードコートの場所

フードコートはフアランポーン駅構内1階の待合フロア東側にあります。

待合フロアです。向かって右側にフードコートがあります。

写真に向かって右側にフードコートの入り口があります。

プラットホームから来られた方は、出口のゲートを出たら、左側にあります。

 

フードコートの入り口です。

こちらがフードコートの入り口となります。

オーダーの方法

オーダーの方法は、少し特殊なシステムでした。

STEP.1
各店舗で注文する
各店舗にて食べたい料理を注文します。

「ライス+おかず方式」で好きなおかずを選べます。

注文したガパオライスです。

注文したガパオライスです。値段は30バーツ(約100円)でした。

STEP.2
店舗で料理を受け取る
料理ができたら、店舗で受け取ります。

すでに出来上がっているおかずを盛り付けるだけですので、時間は掛かりません。

STEP.3
専用の支払カウンターで代金の支払いをする

代金の支払カウンターです。

料理を受け取ったら、フードコート内に2箇所ある支払カウンターで代金の支払いをします。

注文した料理を見せれば、いくらか指示してくれるのでその代金を支払います。

STEP.4
代金分のチケットを各店舗に持っていく
支払カウンターで代金を支払うと、支払代金分のチケット(色の付いたチケット)を渡されます。それを注文した店舗に持って行き渡します。 
STEP.5
完了です

営業時間

営業時間は、6:00〜21:00です。

営業開始15分前にフードコートに行きましたが、すでにオープンしていました。

注文や支払いの受付は6:00ちょうどからのようです。

無料WIFIが使える

無料WIFIが利用できます。

名前と携帯電話番号を入力するだけでログインができました。WIFIの利用可能時間は30分でした。

まとめ

フードコートのです。

フアランポーン駅構内にあるので、列車の待ち時間や、駅に立ち寄った際に気軽に利用できます。

値段も安く、味も日本人が食べられる味付けで、美味しかったです。

店舗の内部も綺麗に扱われており、衛生的にも安心できると思いました。

バンコク行き航空券の予約|スカイスキャナー

バンコクの宿泊施設の予約|Agoda

バンコクの宿泊施設の予約|Booking.com

バンコクの宿泊施設・航空券の予約|エクスペディア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です